天国への扉をたたく者たち

TOKIO

映画「ヘブンズ・ドア」で主演した長瀬智也が所属するアイドルグループ「TOKIO」。今や日本にその名を知らない人はいないのではないかというぐらい人気のグループですね。ジャニーズ事務所では珍しいバンドグループですが、メンバー全員がバク転が出来るほど運動神経が良く、デビュー前には光GENJIやSMAPのバックダンスを務めていました。ライブなどでは楽器を交換して演奏することもあり、自分の担当楽器以外も演奏できるのだそうです。

映画好きの方必見!

メンバー

城島茂(じょうしましげる)

TOKIOのリーダー。1970年11月17日生まれの奈良県出身。演奏担当はリードギターとボーカル。メンバーカラーは緑。奈良県立奈良商業高等学校在学中の1986年7月7日、ジャニーズ事務所に入所。1988年「あぶない少年Ⅲ」ドラマデビュー。2002年、「演技者。黒いハンカチーフ」で初主演を果たした。愛称は「リーダー」「老犬」。

山口達也(やまぐちたつや)

1972年1月10日生まれの埼玉県出身。ベースとボーカルを担当している。メンバーカラーは黄色。TOKIOの中では唯一の既婚者で、2008年には第一子となる男の子が、2010年には次男が誕生している。現在は朝の情報番組やバラエティの司会としても活躍している。

国分太一(こくぶんたいち)

1974年9月2日生まれ、東京都出身。キーボードとピアノ、ボーカルを担当。メンバーカラーは青。2006年には「オーラの泉」「R30」での司会が評価され、放送批評懇談会のギャラクシー賞5月期月間賞を受賞した。また、2007年に初めて主演した映画「しゃべれどもしゃべれども」では第62回毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。第50回ブルーリボン賞においても主演男優賞にノミネートされるなど多方面で活躍している。

松岡昌宏(まつおかまさひろ)

1977年1月11日生まれで、北海道出身。演奏担当はドラムとボーカル。メンバーカラーは紫。小学5年生から横浜市に引越し、高校は堀越高等学校を卒業している。俳優活動が活発で「必殺仕事人シリーズ」や「高校生レストラン」などに出演している。愛称は「MABO」「まーくん」「松兄」。

長瀬智也(ながせともや)

1978年11月7日生まれ、神奈川県出身。ボーカルとリズムギターを担当。メンバーカラーは赤。

デビューまでの歴史

1989年、テレビ朝日のバラエティ番組「アイドル共和国」内で、「平家派」のメンバーだった城島と山口が「城島茂バンド」というユニットを結成しました。その後、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川が「TOKIO BAND」というバンド名をつけました。このTOKIO BANDが現在のTOKIOの前身にあたります。1990年4月に国分(城島、山口と同じく「平家派」の出身)と松岡が「SMAP学園」選抜メンバーとして城島と合流し、三人で最初のTOKIOを結成します。その後、少し遅れて小島啓が加入し4人組みとなります。しばらくこの4人での活動が続きますが、城島がジャニー喜多川に交渉して山口もメンバーに加入します。1992年頃から、サポートメンバーとして、当時ジャニーズJr.の中で頭角を現していた長瀬が参加するようになります。それ以降デビューまでは、雑誌・ラジオなどでは長瀬を抜いた5人編成、テレビやライブは長瀬を含む6人編成といった、妙な構成で活動が続けられました。1994年、CDデビューを目前に控えた時期に、小島が突然脱退して芸能界を引退したため、長瀬が新しく正式なメンバーとなりました。同年9月21日、「LOVE YOU ONLY」でCDデビューしました。

デビュー後

CDデビューから2ヵ月後の1994年11月2日には日本武道館でコンサートを行い、同年12月31日にはデビューから3ヶ月10日という当時の史上最速記録で「第45回NHK紅白歌合戦」への出場を果たしています。紅白へはCDデビュー前にも光GENJIのバックダンサーとして出演したり、1966年の出演時には玉置浩二の「田園」でバックを務めたりと2012年までに19回連続で出場しています。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を受け、1997年当時デビューしていたTOKIO、V6、KinKi Kidsが合体して「J-FRIENDS」を結成しました。震災発生当時に小学1年生だった子供が義務教育を終える2003年3月までと活動期間を限定して活動しました。リリースしたシングル・ミニアルバムはすべて初登場1位を獲得する人気ぶりでした。1999年には「ザ!鉄腕DASH!!」の企画内で城島・山口・国分の三人が「15minutes」を、長瀬・松岡・忌野清志郎の三人で「ぴんく」という覆面バンドを結成し、インディーズCDを発売しました。「15minutes」のCDはその後、違う編曲をされたものが「YESTERDAY&TODAY」発売時に抽選で1000人に特典としてプレゼントされました。2001年のシングル「どいつもこいつも c/w ボクの未来」でソニー・ミュージックエンタテインメントからユニバーサルミュージックへ移籍し、同年「メッセージ c/w ひとりぼっちのハブラシ」でデビュー7年目にして初めてのオリコン1位を獲得しました。その後2003年の「ding-dong/glider」「AMBITIOUS JAPAN!」などでオリコン1位を獲得しその人気を名実ともに証明しました。2006年には2年4ヶ月ぶりとなるオリコン1位を「Mr.Traveling Man」で獲得し、同年6月にはサッカー日本代表の中村俊輔選手がタイトルを命名した「Get Your Dream」がTBSサッカーワールドカップの応援歌に起用されるなど、活躍の場を広げました。その後、中島みゆき、長渕剛、甲斐よしひろらとコラボレーションした曲を発表し、どれもヒットを記録しました。2008年3月8日、山口が5歳年下の元モデルと入籍し、同日行なわれた日本武道館ライブでファンに報告しました。同年7月にはレコード会社をジェイ・ストームに移籍します。2010年7月、「ザ!鉄腕DASH!!」の企画である「DASH海岸」が国土交通省から評価され、「海の日表彰(関東地方整備局港湾空港関係功労者表彰)」を受けました。同年8月史上最多となる3度目の「24時間テレビ」のパーソナリティーを務めました。2011年5月には、松岡が「高校生レストラン」で7度目の主演を務め、日本テレビ土曜ドラマ枠での主演回数過去最多を記録しました。2012年9月23日、『TOKIO LIVE TOUR 1718』 の最終公演(日本武道館)がライブシネマとして、和歌山県・鳥取県を除く全国45都道府県94ヶ所の映画館で同時生中継されるなど、今後の活動も楽しみです。

オリコン1位獲得シングル

  • 「メッセージ/ひとりぼっちのハブラシ」(2001年5月30日)
  • 「ding-dong/glider」(2002年12月4日)
  • 「AMBITIOUS JAPAN!」(2003年10月1日)
  • 「Mr.Traveling Man」(2006年2月8日)
  • 「宙船/do! do! do!」(2006年8月23日)
  • 「青春 SEISYuN」(2007年11月28日)
  • 「-遥か-」(2010年6月16日)
長瀬が好きすぎて生きるのが楽しい!

「宙船」はおじさま方の希望の星

TOKIOといえば思い出すのは「宙船」です。なぜか50代くらいのおじさま方の間で流行っていて、親戚の家に遊びに行くと叔父が歌っていたり、会社の上司がカラオケで歌ったりと大人気でした。やはり中島みゆきが作詞・作曲というのが良かったんでしょうね。TOKIOなのにおじさんにも歌える!と親しみやすかったようです。今まで若い子とカラオケに行っても、お互いに知らない曲ばかりで気を使いあってしまい楽しくなかったのが、「宙船」という共通項ができて、しかもそれが天下のジャニーズの曲ですから、おじさま方には大変ありがたかったようです。いまだに私の叔父はTOKIOが大好きで、「ザ!鉄腕DASH!!」をつまみに晩酌しています。